時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

子どもにとっての理想のママは無条件に貴方だけ!完璧を目指すのはもうやめよう

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

こんにちは(^ ^)


立派な主婦になることを夢みている主婦です。

産休に入り有意義な時間を過ごしたいのに何故かできない主婦です。

ひたすら殺人系文庫本を読み漁る主婦です。

毎日フリマアプ・・はい、もうやめます。


素敵なお母さんになりたくて

素敵なお母さんがやりそうなことに挑戦することにしました。



理想のカントリーママ
可愛い娘たちのためにパイを焼く



アップルパイ?

パンプキンパイ?


........ピーン!!



ベーコンポテトパイだ!



昔とあるファーストフード店にあったベーコンポテトパイが大好きだったわたし。いまは廃盤になりなかなか食べられない、あのマ〇クのベーコンポテトパイ、久々に食べたいなぁ(^ ^)


すっかりその気になって

クックパットで検索

〔ベーコンポテトパイ マ○ク〕←



早速みつけました(^ ^)

早速つくりました(^ ^)

はいっ!

すぐ出来上がりました笑
毎回思うけど、クックパッドはすごく便利!作ってる人はほんとに凄い!





写真左したに写る足は気にしないで下さい(^ ^)笑



と、いうわけで

なんだ、パイちょー楽勝じゃん(^ ^)

子供のためにパイを焼くなんて

わたし、なんて素敵なカントリーマミー!


自信満々で娘たちに提供します。



.......



長女「ママ、なにこれ?

次女「こ〜わ〜い〜!!涙」←?



そうなんです。そうでした。

人生の中でパイを見たことがない娘たち、初めてみる物体に少しばかり戸惑っております。(次女に関しては相当怯えてる。)
思い返せばあの有名なお菓子チョコパイすら与えたことがない!


わたし「これベーコンポテトパイっていうんだよー(^ ^)こうやって食べるんだよー(^ ^)」

サクッと切って再度提供

あぁ、泣き方が完全に恐竜
次女はもう無理か


長女は食べてくれたものの、しばらくして、

『もう、要らない』



............(^ ^)?



よく見るとパイを残して中だけ食べてました。

はじめてのパイのポソッとした食感があまり好きではないもよう。。。



結局

旦那とわたしが食べてもあまるほどのベーコンポテトパイは

最終的に中身だけを取り出し
その後→チーズ焼き→コロッケに姿を変え、日にちを跨いで娘たちのお腹に無事収まったのでした。



そしてわたしのカントリーマミー大作戦も静かに幕を閉じたのです。



理想のママ像は要らない
そのままが子どもの理想になる

素敵なお母さんって

毎回手の込んだ料理をつくることでもなく、
毎日丁寧に子どもを諭し、叱り、褒めることでもなく、

ワイワイガヤガヤ、バタバタしながら子供と一緒に試行錯誤していく中で出来上がるものなんだと気づきました。

そもそも自分の考える理想のママ像と子ども達の求めてるものに格差があれば、すでに本末転倒ですしねσ^_^;エヘヘ

今まで1度もやらずにいたことをノリでやって、次にやるかもわからないまま、強引なママ像を展開したわたしに、案外子供たちの反応は素直なものでした(^ ^)

頭で思い描いた理想のママ像に近づくことよりも、ただそのままの気持ちで子ども達に向き合うだけでいいのだと感じたのです。

セレブなママも肝っ玉母ちゃんも
おっちょこちょい母さんも。
その子どもにとっては
全部正解、全部が素敵

わたしは他のお母さん達に比べて
面倒くさがりだし
不器用だけど

子どもとは同じ目線で向き合い
一緒にアタフタ、ドタバタしながら成長していきたい。
今は、等身大できどらない
このままの母でいようと決心したのです。


我が家ではパイではなくコロッケってことに収まっただけの事柄でそんな壮大なことを考えてしまいました♫笑
ちゃんちゃん(^ ^)