読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

おっぱいマッサージが苦痛!母乳が出るまでのステップ、ママに出来る事

子育て 出産

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれたら、
まずはあげたいおっぱい!!
赤ちゃんの大好物おっぱい!
言葉を使わない会話をしましょう、
おっぱい!(^ ^)←


赤ちゃんに母乳を与える

母になったことを実感し
幸せを噛み締める、あの2人だけの空間をイメージすると、どうしても憧れてしまいます。

かというわたしも娘2人を母乳で育ててきました。そしていま、産まれたばかりの長男も母乳で育てたいと思っています。
ですが、わたし、毎回母乳を出すまでにとても時間がかかります。一筋縄では行かず、娘2人のときも母乳育児を完成するまで長く険しい道のりを歩みました。きっと今回も簡単にはいかない、そう思うんです。


母乳育児までの辛い道

おっぱいマッサージが苦痛

最初の原因はこれにあります。おっぱいマッサージが痛い、苦痛なんです。
母乳指導員に最初のもみほぐしで、浮腫みやら硬いやら言われ、部屋にもどってからも1人でモミモミ。。テレビを見ながらモミモミ。。惨めな姿、一人でモミモミ。。σ^_^;乳輪も乳首も心もジンジン


赤ちゃんを抱くのが下手

経産婦なのに不思議でしょう。わたし赤ちゃんの抱っこが下手なんです。
脇で抱え込むようになんて言われても、
右で赤ちゃんの頭を持ち、左手でおっぱいを持ちながら口まで誘導するのよ、なんて教えられても、
もう赤ちゃんが口開けるのを狙っているうちに自分のこの手が右手か左手なのかも分からないことに!σ^_^;


吸ってもらってからの乳首が痛い

母乳が出ないときこそ、吸わせに吸わせて刺激するのがコツだそう。乳線がどんどん開通するらしいです。たしかに上手く口に収まればそれとなく、今出てるのかも!なんて思うのですがそれでも一滴も出ないのがわたしの乳です。σ^_^;
苦しいのがその後の乳首じんわり血がにじみ、なにをせずともジリジリと痛みだす。次の授乳タイムが恐怖と化す瞬間です。


腹ペコ我が子にごめんなさいと、自己嫌悪

もうミルクでいいじゃないかと思うのがこれ。毎日でない乳首を吸わされ、母乳が出るまでの辛抱だと糖水を飲ませる。もちろん、ミルクに反対してるわけじゃなくて、ただ勝手に母乳をあげる幸せを味わいたい、という自分本意な理由に赤ちゃんを付き合わせてるんじゃないかと急に不安になるんです。





わたしは何がしたいんだろう?

お腹空いたよーと泣いてる我が子を横にちょっと待ってねーと声をかけながら時間をかけて今だ出ない乳をもむ。

きっとなんも出ていない乳房に必死にかぶりつく我が子を見る。

やっぱり今日も出なかったね、ごめんね、とお腹を満たすことなく寝てしまった我が子が不憫で堪らなくなる。

そんな事を繰り返して
増える漢方、不安、自己嫌悪
わたしは一体何がしたいんだろう?




じんわり滲み出るおっぱい

さてさて、今日も1人モミモミ。。
痛くないよう、指の腹でゆっくりモミモミ。。もうコツだけは分かってますよ、1人モミモミ。。


........?!(°_°)
なんか出ている!
おっぱいだ!

カサブタだらけの乳首の先にじんわり出てきた一滴の母乳に
思わず、涙が出てくるわたし。
この一滴でもあげたくて寝てる我が子を起こしてしまうのでした。。

あともうちょっと、
あともうちょっとだね(^ ^)




まとめ

母乳育児を勧めてるわけじゃなく
ミルク育児を否定してるわけでもありません。

だけど胸にしゃぶりつく我が子が愛おしくて、そこで母乳を通してわたしの想いがこの子に伝わればいいな(^ ^)そう思うのです。

最終的にどうするかは置いといて

地道に母乳が出るまで取り組むこと、
続けていくことは

それが叶ったときに絶大な幸せを与えてくれるんだろうな(^ ^)

やってて良かったと思えたらいいなと

今日も1人で胸を揉みしだきながら考えるのでした(^ ^)