時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

人の為に使うお金は必ず戻ってくる~出し惜しみすべきではない3つの使い道

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

2017/9/26 追記

わたしお金が大好きです。
もっというなら家計簿をつけながら通帳を眺める時間が
一番至福のときです。

特に金持ちではないけれど
やりくりして貯まっていくお金が
妻として母としての勲章の証のような気分になっていきます。

無駄なことにお金は使いたくない。
できるだけ貯めて、蓄えておきたい


日ごろの生活を切り詰めながら
ちみちみとやりくりしているわたしでも、

ある3つの行事にだけはお金を出し惜しみせずに使おうと決めています。
今日はその詳細と、それで得られるものを紹介します。

出し惜しみすべきではない
3つのお金の使い道

・お中元とお歳暮
・お祝いのお金やギフト
・お礼のギフト

年に二回くらいの出費なら、奮発してもいいかな
日ごろお世話になってるあのひとや今年会えなかった親戚でも
毎回送るようにしています。

結婚式の参加はもちろんためらいません。
出産したり、家を建てたりした友人がいれば
喜ばれそうなものをプレゼントします。

また自分がしてもらったことへの感謝の気もちをギフトで伝えるのも忘れません。

自分の為でない、
人の為に使うお金は必ず戻ってくる

自分の欲しいものの為に使うお金よりも
誰かのために使ったお金にはそこに気持ちという付加価値がついてきます。

その付加価値に重なるようにしてまた必ず自分のところに戻ってきます。

ずっと会えなかった親戚から手紙と合わせて出産祝いをもらった
友人から大切にしていた子どものおさがりをもらった

人とのつながりで、ひょんなところからあったかい気持ちになることがあります。

気持ちを込めて誰かのために使うお金は出し惜しみしないようにしています。

絶対に戻ってこない
お金の使い道

・お酒やたばこの娯楽品
・衝動買いした贅沢品
・親の意向で子どもに与える教育グッズ

なかなやめられないのがたばこやお酒・・・
身体にも良くないとわかっているのに、脱出困難、お金は羽をつけて飛んでいきます。

買うと決めて貯めたお金で買う高級バッグはステータスやモチベーションをあげるには
いい仕事をするに違いありません。
だけど衝動買いは危険!
一目ぼれというのは、恋でも物でも覚めるのが早いのです。

子どもが興味を示す知育グッズはありだけど、
ゼロ知識で与えていくのは問題!宝の持ち腐れになる確率が高し!

自分の趣味やひらめきのままでお金を使うときは一度立ち止まるのが得策です。
案外、無駄でなんの役にもたってない出費になってしまうことがあるのです。

まとめ

自分の為に使うお金よりも
誰かのために使うお金にはいろんな価値がついてきます。

そしていずれあなたのもとに返ってくるでしょう。

貯金が趣味
貯めるのが生きがい

そんなわたしでも誰かのために使うお金には出し惜しみしません。
自分のために何かを買うときよりも

あの人が喜ぶ顔を想像して商品を選ぶのが楽しい
手紙を書くのがおもしろい
相手の反応がうれしい

人の為に使うことで気持ちがどんどん満たされていくのです。