時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

風邪をひいたときの育児が予想以上に辛い!私が主婦を捨てた日

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

先日風邪をひきました。

暑くなったり寒くなったりコロコロ変わる季節が原因です。

思えば夜中から寒気がしてました。
しかもその日は保育園もお休みの週末
頼りの旦那は出張中です。

そんな我が家には
休みの日に早起きする魔法がかかった元気娘が2人
笑顔は可愛いが、抱っこしないとぎゃん泣き乳児が1人

早速、朝6時半にたたき起こされました。
止まらない鼻水、熱は38.0℃

ど、どうしよう。。
母乳育児中の長男を前に薬は飲みたくない
かといって漢方をもらいに病院や薬局に行くのも、三人連れてのお出かけは準備だけで確実に死ぬ!

わたしは自宅で風邪と育児と闘う決意をしたのです。

感染対策

熱もくしゃみも鼻水も止まらない。
そこで子どもたちに移してしまっては大変です。

ひとまず感染対策、悪化防止をしましょう。
・うがい手洗い
・マスクを装着
・部屋でも厚着
・風邪をひいたことを娘たちに伝える

子どもたちにもうがいをさせ、
わたし自身はマスクを装着、とりあえず厚着をして身体を冷やさないようにします。

五歳長女はともかく二歳次女に伝わってるかどうか謎ですが
今日ママはお熱が出ていてお外にはいけない、今日はお家で過ごそうね
とあらかじめ伝えておきます。

日中を寝て過ごす

水仕事はしない

寒気がするのに水に触れるのは無理!
いつもは午前中に済ます水仕事を放棄

週末は私がお風呂掃除をしてる間に
長女は玄関掃除をやるのが通例です。

今日は何もしない!決めこんだわたしを横に、サッサと自分のタスク、玄関掃除だけは済ます長女がそこにいました。

いつもは言わないとやらないのに。
玄関を掃き掃除してる小さくもたくましい背中
ありがとう。長女よ。


・リビングに必要な物資をすべて集結

布団におもちゃに、飲み物に軽食(パンやお菓子)
子どもに催促されそうなものをとりあえず一通り集め子育てを放棄

子どもたちはDVD鑑賞しながらゴロゴロ映画館ごっこをさせます。
わたしは息子を抱いてソファで寝たきり。

おもちゃの片付けも、姉妹喧嘩の仲裁もしません。
今日は子どもたちの気の向くままリビングで好き放題させることにしました。

20160130145623

とくに何も言わないけれど、
娘は自分たちでパジャマから私服にお着替え。

ぼーっとしながらも成長してる娘2人に感心しました。
案外いい子に育っているもんだなぁ。


ごはんは出前

だ、だるい・・・!

まな板をだして、鍋に水を入れてコンロのスイッチをいれた瞬間
その後の作業工程を想像し猛烈にめんどくさくなるわたし。
ついにはご飯をつくることも放棄しました。

こんな時は出前だ!めったに頼まない出前チラシを引き出しから出すも

マックデリバリーはサービス料で300円取られるし
他の出前チラシのクーポンはすべて有効期限切れ

熱は出ていてもお得にはがめつい私はネットで注文

20160130145700
ピザーラ
公式HPにて会員登録したらその日から使えるクーポンがいっぱい。
400円割引を利用して照りマヨピザとローストポテトを購入

いつもの家ごはんとは違うメニューに子どもたちは大喜び
お片づけしてからよーというと
チヤチャッとおもちゃも綺麗に片してくれました。

風邪をひいたわたしはこの日
全ての主婦業を捨てました。

独身時代に引いた風邪とは違って
育児しながらの風邪は予想外に辛くてきつい

しかし、その中でも気が付いたのは

子どもたちが予想以上に頑張ってくれた

5歳、2歳、0歳育児しながらの闘病でしたが長女が家を仕切ってくれたこと、
次女が自分のことを自分でしてくれたこと

長男が特に大きくぐずることがなかったことが救いでした。

まだ幼いと思っていましたが、
いつもの違う母を前にしっかりしようと彼女たちも奮闘してくれたに違いありません。


ママ業は体調管理が必須

・母乳育児中はママの栄養が偏りやすい
・寝不足になりがち
・自分のことを後回しにしがち

育児期間中は特に体調管理が大切であることを痛感しました。

乳児がいる場合は普段より食生活も意識しなくてはいけません。

振り返ってみれば
お風呂あがりにドライヤーで髪を乾かすこともここ最近しなくなっていたわたし。
濡れた髪のままいそいそとごはん作りをしたり、薄着のまま寝かしつけしてそのまま寝てしまったこともありました。

自分のことを後回しにすることが多く
子どもたちに言うほど自分がちゃんとできていなかったことが多かったように思えます。

ご飯はしっかり食べる
身体を冷やさない
意識して早寝する

お母さんが元気でいないと家の空気感が変わります。

子どもたちが安心してわがままできるよう、自分自身を大切に、
いつでも健やかで居続けようと改めて決心したのです。

まとめ

季節の変わり目や急に冷え込む時期には要注意

子ども優先で
自分のことを後回しにしていると
大きなつけがかえってきてしまいます。

我が家の旦那は風邪をひくとわかりやすく気を使わせてくるのですが、母親って立場は気力で踏ん張りがちです。

風邪をひいたら無理はしない。
がっつり休ませることで悪化を防ぎましょう。

一日主婦業を捨てたおかげで翌日は完全復活したわたし!
さぁ、今日は子どもたちに感謝して一緒に布団であったまって早く寝よう!

子どもと同じライフサイクルで過ごしてみるのも健康の秘訣です。