読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

予定帝王切開は何週目に出産するのが理想的?陣痛きたら?

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


去年、長男を予定帝王切開で出産しました。

上の子二人はいずれも緊急帝王切開
はじめて産むぞと決めた日に産むことになります。

この日陣痛こそは体験しなかったけど、
・お腹を切られるってわかってて自分で手術台にあがる
・太い注射で麻酔をされるとわかってて背中を丸める
・半身麻酔だから手術中意識ある

相当の恐怖で泣きました。まだ何もしていないのに。

わたしの場合、帝王切開後の妊娠が故の予定帝王切開でしたが

赤ちゃんが逆子の場合や、多胎出産、
妊娠中毒症や、高齢出産、
赤ちゃんやお母さんの経過をみて予定帝王切開になることはよくあります。

今日はそんな予定帝王切開のことを記事にして紹介します。

予定帝王切開は何週目に出産??
希望はだせるの??

予定帝王切開は満期産になる37週目~38週の間に産むのが理想的
39週目以降だと陣痛が先にきてしまう可能性もあります。

一番の目安は胎児の成長具合に合わせられます。
胎児の推定体重、羊水量から
小さ過ぎず、大きすぎもしない
2700g~3000gの間で手術予定日を組み出産するのが一般的です。

詳しい日取りは妊娠後期にはいってから。
他の手術の日程とかぶっていなければ数日ずれの希望を出すのは可能です。

我が家の長男のときは語呂が良いからと10/10に希望しましたが
すでに先約があり、10月9日の出産となりました。

38週0日で産んだ長男、推定を超えて実際の体重は3542gと超ビッグ
先に陣痛がこなくて良かったね、とのちほど先生に言われたのでした。


予定帝王切開の流れ
先に陣痛がきたらどうする??

予定帝王切開の流れ

わたしが今回長男のを出産したときの流れは

1.予定日前日に入院(お昼を食べたあとは断食、水はオッケー)

予定帝王切開当日

2.血栓予防の高圧靴下を着用
3.毛の処理、モニターチェック、感染予防の点滴
4.いざ手術台へ

普通分娩とは違うので、
よくある旦那が手を握るという光景は皆無

3.以降は旦那の存在はありません。
じゃあ行ってくるねーと手を振るのみ

我が家の場合、上の子二人の育児があるため入院時から旦那の姿はありませんでした。

実際には医師も助産師たちにも囲まれていますが、
帝王切開は一人で出産に挑みに行く、孤独に似た感覚があります。

予定帝王切開を前に、先に陣痛がきてしまったら?

おしるしがあった、陣痛がきたかも!自然分娩の兆候がでたら

選択肢1
・陣痛抑制剤(張り止め)を打ち→帝王切開

選択肢2
・母子の状態さえ整っていればとりあえずそのまま自然分娩の流れをとる
→いつでも帝切に切り替えできるようダブルセットアップする


のいずれかになります。
母子の安全が一番大切。
手術予定日を前にお腹が痛む、おしるしっぽいのがでた
そんなときは、すぐにお医者さんに確認の電話をしましょう。

予定帝王切開のメリット

・産む日が分かるから準備ができる

一番のメリットは産む日が分かるから準備が進みやすいこと、
赤ちゃんの服や自分の下着(帝王切開の場合産褥ニッパーは必須です。)

ご主人も前もって職場に休み届を出すこともできます。

高額医療の申請もこのときに済ませておくと、出産時にバタバタと慌てる心配がありません。

mikumama.hatenablog.com
帝王切開出産費用、明細書の記事はこちら

予定帝王切開の場合
万全な準備、家族のサポート体制を整えることができるのです。


・安心、安全で赤ちゃんを出産できる

帝王切開の負担はお母さんだけ。
手術前から術後までお母さんは大変ですが、赤ちゃんは小さい身体で体力を振り絞りながら産道を通る必要がありません。

経膣分娩のときによくある、
産道の経過で頭の形が変わったり(産後もとに戻ります)
肌の色が青くなったり(産後もとに戻ります)など、赤ちゃんの変化に戸惑うことがありません。

赤ちゃんが綺麗な状態のまま、
何より安心安全に赤ちゃんを取り出すことができます。


まとめ

赤ちゃんの誕生日が事前にわかる!
産む日が分かるから心構えも万端!

なんとなく安心の予定帝王切開
でもじつは産むとわかっているからこその独特の恐怖もあります。

もちろん術後の寝たきり生活も壮絶ですしね

メリットデメリットもあるけれど、
子どもが無事に生まれてきたら万々歳!

出産を控えてるママは無理をせず、
そしてこれからの子育てライフにワクワクしながら
今しか味わえない妊婦生活をゆったり過ごしてくださいね^^