読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

共働きの洗濯物に夜干しをおすすめする理由!夫に協力してもらえる時間を狙え!

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


保育園からの汚れ物、家族五人分のバスタオル、食べこぼしや夫のバスケ帰りのユニフォーム。

毎日仕事から帰ってきたらわたしはこんもり山になった洗濯物を片づけることから始めます。

毎日回しているはずなのに、毎回限界リミットまで水位がいくほどの洗濯量に白目を剥きながら生きています。
共働きの我が家にとって料理の次にネックな家事が洗濯物です。

洗濯物は夜干すといろいろ便利!きょうはその理由を紹介します。

我が家が洗濯物を夜干す理由

・朝は忙しい

夫もわたしも朝が苦手、早起きするより1分でも長く寝てほかの時間を短縮すればいい、と考えています。

子供の着替え補助に朝ご飯、お弁当づくりに自分のメイク。
朝は洗濯物をする時間なんてありません。

朝ご飯すら手抜きで時短してる私にとって、その他の家事項目がひとつ増えることは死活問題なのです。

mikumama.hatenablog.com


・朝まで置いておくと腐る

卵、ナマモノ、調理済み料理、
そのまま長時間放置しておくのが危険なものはなにも食べ物だけではありません。

洗濯物だって腐るんです。

夫の汗たっぷりのユニフォーム
トイレトレーニング中の次女の保育園着
よだれ食べこぼし常習犯の息子の衣類

朝まで放置するともう戦闘能力MAX!
ハイター+念入り洗いでもニオイ残りが心配になります。

・もはや朝も夜も同じ

共働きの我が家の場合、帰宅は早くても18時以降
外は完全真っ暗です。

取り込むころには夜の湿気でしっとり衣類になるのは避けられません。
お天気が急に崩れて雨が降ろうとも、日中仕事をしているわたしは臨機応変に洗濯物を取り込むこともできないのです。

もはや朝干しても夜干しても同じ。
お天道様に洗濯物を当てて除菌!カラッと爽やか健康的に!なんてのは迷信だと思うことにしました。

共働きには夜干しをおすすめします

・風さえあれば朝には乾く
・最近の洗剤は生乾きのニオイを残さない
・部屋干しで定着すれば天気に左右されない

夏場やお天気が良い日は朝には乾く!ぱぱっと取り込んでしまえばその日のやるべき家事項目が早速ひとつ減ります。

最近では夜干しでも部屋干しでも生乾きのいやなニオイがしない洗剤ばっかりです。ジェルボールやナノなんとか、洗濯洗剤は進化しまくっていて汚れをミクロレベルで撃退するだけでなく、香水並に芳醇な香りまで漂わせるのです。

もはや干す場所、干す時間を気にするなんてナンセンス!!

共働きで日中家にいない家庭には夜干しをおすすめします。
朝の貴重な時間をバタバタ過ごさなくて済むし、急なスコールを会社の窓から眺めてうんざりすることがなくなります。

我が家は除湿器を購入してからは部屋干しが定着しました。

夜干して、朝方にはカラッと乾いているのです。
ついでに部屋の中のタンスやクローゼットも開けっ放しにしてしまえば保管してる衣類も一緒に除湿。
カビや虫食い対策にもなり一石二鳥!お気に入りの革バッグをしまいっぱなししたせでカビで真っ白にした経験のあるわたしは、除湿器のおかげで保管物の手入れがすっかり楽になりました。

雨降りの日にコインランドリー往復や溜めまくって山積みになった腐敗ゴミ臭にうんざりすることなんてありません。

生活家電は一度購入してしまえばほとんど維持費がかからないのが実態です。

iPhone充電器のようにすぐ不良!すぐ故障!なんて悲劇は起こったことありませんし、電気代がバカ高くなったと感じたこともないのです。

ま、正直なところ衣類だけなら衣類乾燥機買うのが一番手っ取り早いですね。

わたしの地域は年中湿気がすごいので除湿器の方がいろいろ用途があって便利です。


まとめ

共働きのお洗濯ってどうしてます?
我が家の家事分担は厳選なる審査のもと夫が干す担当で私が取り込む担当になっています。

子供も寝静まった夜に干すから気持ちにもゆとりがでるし、確実に家に夫がいる時間だからこそ分担をお願いするのもスムーズでした。

朝一で洗濯を回してバタバタしながら干して出勤!その後もお天気にビクビクするなんて耐えられない!

夜干し習慣で朝の家事リストが一つ減るはその後一日がとっても気楽です。

モリモリの家事に追われて辛い!そう感じた時は開始する時間を調整してみましょう。ほかにも、

・朝ご飯作りと一緒に夜ごはん準備までしちゃう
・お風呂に入るときにお風呂掃除までしちゃう
・子供にパジャマの代わりに明日の服を着させて寝かしちゃう

洗濯物の夜干し習慣は夫の協力を得やすい上に朝の貴重な時間を邪魔しません。
家事の開始時間を見直して、ゆとりある一日を送ってみましょう。