読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

共働きの夕飯作りが面倒になったのでコープ宅配に申込しました

家事

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


百貨店で働く私は毎日18:30に仕事が終わります。
子どもを迎えて家につく頃には19:30

お腹を空かせた上の子2人と夫にご飯を作らないといけないのに、日中おっぱいを我慢して過ごした乳児はここにきて大きく愚図り始めます。

あぁ早くお風呂にもいれなきゃ
てか、着替えだけでも先にしたい

お腹を空かせてビービーうるさい娘たちをなんとかなだめ、仕事から帰ってきたままの恰好で授乳をしながら夕飯の準備。

・・・く、苦しい!!
・・・め、めんどくさい!!

夕飯を作る時間がとてつもなく苦痛になってきました。

コープ共済の宅配システムに申し込みました

今まで、コープ宅配は割り高でスーパーで買った方が安いんだから、と嫌煙していました。

産休・育休期間で家にいる間はスーパーを使い分けるなどして賢く食材を調達することができていたからです。

今では乳児を連れてスーパーへ行くのは何ともなくなりましたが、タイムセールや特売日に買い出しすることは仕事をしてるから不可能に。通勤帰りに保育園の荷物と合わせて食材を家まで運ぶことも億劫になってきたのです。

mikumama.hatenablog.com

コープ宅配のメリット

1.申込した翌週からすぐ利用できる
2.スーパーへの買い出しや重たい荷物を運ぶのも不要
3.便利食材が盛りだくさん!

子どもがいる家庭にはキッズ割引というものがあり、宅配料が半額になります。
その額たったの102円

102円で買い物に行く手間が省けるのは何とも格安!
お家の玄関で自分の希望した商品を受け取るだけです。エコバッグも運ぶ手間も労力も要りません。
高い!と感じていた食品も考えを変えれば時短メニューになりいろんな場面で助けられることが多くなってきたのです。

共働きの夕飯にはコープのコレ!

野菜を切るのも、焼くのも、煮るのも嫌!!
時々、夕飯を作ること自体を投げ出したくなる日があります。

コープ宅配の食材は新鮮な野菜や調味料はもちろん
ちょっと疲れたママを優しく支えてくれる商品もあるのです。


「さばの味噌煮」
20160511152211
3切れ入って身も大ぶり!
調理どころか湯せんするだけでメインおかずの完成です。

・骨抜きされている
・味がシミシミ
・身がふんわり柔らかい

お、美味しい!!
今まで自分で愛情たっぷり込めて煮込んだのに鍋の中でボロボロと煮崩れしていく魚にがっかりしていたわたしには朗報でした。

もはや自分で作るより美味しいし早いし美しい!
下準備や臭み消しに手間のかかるお魚料理はもうコープに頼っちゃうことにしました。
20160511152213


「レンコンひき肉のはさみ揚げ」
20160511152210

・自力で作ると高いものが激安特価
・サクサク美味い
・レンジでチン

レンコンもひき肉も揚げ物も自宅調理ならコスパがあまりよくありません。
レンコンを買うならきんぴらに
ひき肉買うならハンバーグに
揚げ物して油を大量に使うならくらいなら炒めメニューに

食品ひとつひとつがメインに変わるほどの存在感なのだからわざわざ家で作る必要なんてない!レンコンはさみ揚げは憧れるメニューだけど家計的にはダメージが大きいから避けていました。

コープのはさみ揚げが美味しい!
わたしの場合、毎日のお弁当用にも使っています。

共働きの我が家にとって夕飯は手間の濃さより早さが命!
これなら手間かけた感もあるのに1分で完成する究極の夕飯です。

20160511152214

手抜きしたって母は母

コープ宅配や冷凍食品は母として妻として怠けてると思われそうでどこかで頼るのに躊躇っていました。
実際に利用してみて世界が一変!

・買い物に行かないでいい分冷蔵庫の中身を毎日気にすることがなくなった
・帰宅の車の中で献立について悩むことがなくなった
・子どもたちと過ごす時間が楽しくなった

食品を宅配って大丈夫なの?
初めて頼むときは衛生面や店から家に届くまでの管理法が不安でした。

そんな人のためにここ最近では継続利用を決める前にお試しパックで試験的に利用することもできるようです。

【パルシステム】

今まで、家族五人の夕飯は先に出したおかずが他のおかずを作っている間に無くなる、という異常事態でした。

バタバタと過ごす一日の中でみんなが揃っていただきますをすることですらできなくなっていたのです。

どこかで手を抜くことで大切なことに気づかされます。

夕飯を早く済ませた日には、ずっと読んであげられなかった絵本の読み聞かせをしたり、家族で寝るまでの時間をゆっくりTVを見ながらすごしたり。

そんななんでもない時間こそがわたしの充電タイムだったのです。

完璧を求めて子育てと家事をしていた頃の私の心はいつ爆発するか自分でも分からないほど張り詰めていました。

カチカチになったプライドを捨てて一部手抜きすることでより子どもに愛情を注げるようになったのです。

共働きの夕ご飯、面倒に感じたり苦痛に感じたときには気と手を抜く工夫から始めてみましょう。


関連記事
mikumama.hatenablog.com

mikumama.hatenablog.com