読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

座薬が効かない!乳児の突発性発疹【前編】

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


夜中に横で寝ていた息子(八カ月)に違和感

熱い、熱すぎる!!

ガバッと起きて検温

39.9℃

どどどどどどどうしよう!!!!


熱以外の症状がない!!

風邪?!クーラーで身体が冷えちゃったのかな?!
もしかして中耳炎が悪化したとか??

いやいやいや、今日の病院で経過は良かったはず!(たまたま耳鼻科に行った日でした)

息子の様子を観察してみても

・鼻水なし
・ぜーぜーなし
・機嫌も極めて普通

高熱以外の症状が見当たりません。

後日、小児科にいくも同じ結果でした。

「特に異常はありません。おそらく突発性発疹でしょう」

突発性発疹とは・・・

突発性発疹とは・・・

生後6カ月~1歳台の小児に好発する、ヒトヘルペスウイルス6あるいは7による急性ウイルス感染症です。

 ほとんどの子どもが3歳までに感染するといわれています。感染する時期はヒトヘルペスウイルス6のほうが7よりも早いことが多いため、1度目の突発性発疹は6、2度目は7による感染症のことが多いと考えられます。

母乳による免疫がなくなってきた生後6ヵ月以降の発症がメイン、稀にかからない子もいるそうです。

高熱が3、4日続いた後、解熱後に全身にブツブツ発疹ができる病気です。

感染症のため発熱中は保育園に行くことはできません。熱が下がって発疹が出てきたら登園は可能になりますが、突発性発疹は発熱時よりも解熱し発疹がでてくる頃に不機嫌ピークになるようです。

お仕事次第ですが、都合がつくのなら側にいてあげてほしいところです。

発熱1日目~3日目の様子

発熱1日目

目が一重まぶたから二重になる。(母ちょっと浮かれる)

熱が38.5~39.0℃を行ったり来たり
途中、泣いたりして発汗→微熱→しばらくするとまた高熱に

機嫌良好
食欲旺盛(離乳食)ミルクは嫌がる

座薬=0個

発熱2日目

小児科へ行く
風邪の症状も何もないため解熱用の座薬だけを処方してもらい帰宅

機嫌普通
食欲旺盛(離乳食)
軟便(下痢)×2回

熱が38.5~39.0℃から一度も下がらないため座薬を差す(14時)

すぐに発汗するが熱は37.6℃~38.0℃
1時間後にはすぐに38.5℃を超えた高熱が続く

座薬が効かない?!

最初に座薬を差してから6時間以上はあけないといけないため、最初14時に差したあと21時にもう一度差す。

朝方4時に40℃を超えたためまた差す

座薬=3個使用

昼は熱があっても割と元気だが、夜中はやはり寝苦しいのか唸って起きることも多い気がします。
そして寝てるときに限って39℃を超えた体温になる!

40.6℃の最高記録をみたときはわたしの血の気が引いていきました。

発熱3日目

38.5℃以上の高熱が続く
機嫌普通
食欲旺盛(離乳食)
軟便(下痢)×3回

泣けば少し汗をかいて熱は下がる

眠りは浅い
パパに寄り付かない(日中わたしと過ごしすぎたせいで赤ちゃん返り?)←赤ちゃんだけど

高熱ピークは39.9℃(朝7時)

座薬=1回

座薬は1℃下がれば良い

40℃にまであがる乳児の高熱にアタフタ!

41℃を超えてくると脳症に繋がるって聞いてただけに毎日毎晩怖くて仕方ありませんでした。

座薬を差しても、
・ちょっとしか下がらない40℃→38.8℃
・すぐにまた高熱になる

気になって病院に確認して教えてもらった大切なこと

座薬は1℃下がれば十分

下がりすぎると今度は赤ちゃんが寒い思いをするし、例え高熱範囲でも座薬前より1℃下がるだけで身体はだいぶ楽になるんだそうです。

そのタイミングを見計らって水分補給をしてあげましょう。
栄養・水分補給のための一時的な解熱のために座薬はあるのだそうです。

座薬を差しても38℃台だとしても慌てないで!
赤ちゃんの機嫌さえ良ければ様子をみて大丈夫です。

今日で4日目突入です

熱は下がる気配ありません。
発疹も出てきません。

下痢も続いて可哀想です。
座薬を差される感覚が嫌なのか、お尻を拭いただけでも怒るようになりました。

中耳炎の飲み薬が嫌いだった息子はポカリも疑って飲まないのです。

離乳食とミルクと母乳が頼り!!

早く良くなりますように!
仕事を3日休んだわたしは今日はパパにバトンタッチ!

頑張れ息子よ!
頑張れ夫よ!

突発性発疹奮闘記は続きます。



関連記事
mikumama.hatenablog.com