時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

土日勤務のシフト制から土日祝日休みの定時制に変わりました

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


最近配属先が変わりました。

デパート勤務営業部からついに内勤所属です。

土日祝祭日休みのありがたさ

土日に休んでしまっていいの??
祝日に休んでしまっていいの??

もしかしてゴールデンウィークもゴールデンしちゃっていいの??

土曜保育を申し入れるときの先生の顔色を気にしなくていいし、胸にしがみついて離れない我が子に罪悪感を感じる必要なんてないんだ。

土曜保育は平日に比べて園児の数が急激に減るため、1クラスに年齢さまざまな子が集められいつもと違う空気感があり我が子は毎回登園を嫌がります。

連日休みなら、ずっと行きたかった県内ホテルへのお泊りにも行けるね!

家族と過ごせる時間が増えるってだけで本当にありがたい。
シフト制から土日休みに変わって一番に感激したことです。

定刻のありがたさ

今まではずっとシフト制でした。
子育て中ということもあり、早番を多目にしてもらっていました。
職場内では遅番ばかりのしわ寄せを受けた従業員から白い眼で見られていました。

時短勤務が迷惑!

そういわれることが少なくない今の社会では子育て中ってだけで何かと職場で肩身の狭い思いをしているママがたくさんいます。

mikumama.hatenablog.com

定時があるってありがたい。
シフト制のように遅番・早番で切り分けないからこそ、
「この時間までに終わればいい」従業員同士のドライな結束力が気楽です。

就業規則、拘束時間、定刻のあることは有り難い。
新社会人としてここに入社してからずっとシフト制を過ごしてきたわたしにとって考えられないほどの好待遇でした。

土日祝祭日休みの定時制のデメリット

内勤になってウキウキだったわたし。
これまで営業部でドタバタ過ごしてた日々とのギャップも感じるようになりました。

デスクワークがハード

今までは売り場フォローや企画、メーカーとの打ち合わせ、広告作成に奔走していた毎日。
走り回ることも多かっただけに汗を流してドロドロになった顔面をみてもやりきったときの達成感はたまりませんでした。
予算を達成するたびチームの仲も深まっていったのです。

そして現在

座りっぱなしって結構ハード
パンプスをカツカツ鳴らす感覚が消えていく・・・。
バリバリこなしてるって感じが消えていく・・・。

身体を動かさないからこそ、疲労感は目や肩にきます。
ずーん。

メイクはばっちりなのに、わたしの疲労感は身体の芯からにじみ出ています。

平日休みって特別だったのかも!

・銀行にいける
・市役所にいける
・いろんな施設が混んでない

平日に休んで自分の用を済ませていけたのって案外特別だったのかも!
銀行や市役所の手続きはあっという間に済んだし、水曜日は映画のレディースデイだったり何かと1人を満喫することは容易でした。

今更だけど、
土日勤務のシフト制にもママ業をゆとり持って過ごすには欠かせないメリットがあったんだなと気づきになったのです。

今まで中だるみする水曜が休み固定だっただけにぶっつつけで平日5日間出勤する辛さもあります。
チームワークでなんでもいけた営業部時代とは違い、内勤は平日の突発的な休みに対応しずらい空気感がありちょっぴり不安。

まとめ

部署が異動になってほんの数日。
まだまだ全ての実態は分かりません。

引き続き、記事にしていけたらいいなと考えています。

仕事と家庭の両立はママとって永遠の課題です。

そのメリットデメリットを自分なりにかみ砕き消化しながら、いつか
仕事でも家庭でも輝きたい、そう思っています。


働くママへ
明日もこれからも頑張りましょう。
今流す汗と涙がいつかなにかの力になるその日まで。


関連記事
mikumama.hatenablog.com