読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

夫が引越しの準備を手伝わない!何もしない夫に下す制裁はこれだ!!

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


引越しまであと4日

引越し業者から段ボールをもらえたのがつい昨日
我が家は今急ピッチで荷造りをしないといけません。

引越し費用を最小限に抑えるため、大型家具、衣類の入ったタンス以外は全て段ボールに詰める必要があります。
こんなことなら食器は業者依頼にしちゃえばよかった。

せっかく安く見積もりを出してもらったのに山積みの作業に早くも心が折れそうです。

mikumama.hatenablog.com

悲報!夫が引越し準備を手伝わない!!

最悪です。
夫が全然引越しの準備を手伝ってくれません。
というか何もしてくれません。

もはや引越し業者を呼んで見積もりを取らせたことだけですでに満足しているように思えます。

【注】見積もり予約したのも値下げ交渉したのもわたし

いそいそと段ボールを組み立てるわたしに

夫:「ちょっと先に子どもたちお迎えしてくるね!」

じじばばに預けていた我が子のお迎えをいったきり2時間

全然帰ってきません。

ジジババに電話するも
ババ「まだ子どもたちここにいるけど・・・・??」

やられた。またバスケに行きやがった!!

直感で分かりました。
夫はすきを見計らってはすぐに趣味の社会人バスケットに出かけてしまいます。


夫:「明日、こことここ!俺がやるから安心して!」

23時すっきりした顔で帰宅した夫はそう言って、機嫌よく夕飯を食べ、早々に眠りにつきました。

信じられるはずありません。

夫はいつもそうなのです。

イライラ、ムカムカ、じわじわ。。。
結婚して数年。夫のこういう性格はすでに前から知ってることなのでわたしは新たな制裁を下すことにしました。

断捨離が苦手!何もしない夫にわたしが下した制裁

夫は片付け、断捨離が苦手な人間です。
良く言えば、物持ちがよく高校時代からの服を今もなお着て出かける律儀さもあります。

夫は要るものと要らないものを選別する「引越し準備」そのものが苦手なのです。

夫の荷物は一切手伝わない

衣類や靴箱の中の靴はともかく小物類は段ボールに梱包されていないと業者は運んでくれません。

引越し当日までに完了していないと別途で梱包費用がかかります。

追加料金は夫のお財布から出すシステムに変更です。

自分のことは自分でやる。

子育てと同じで、夫も失敗、痛手を経験することで人生を学ぶべきなのです。

夫から昔もらったものを心置きなく売る・捨てる

何でも宝物。なんでも思い出。
物を捨てられない夫を前にわたしが片付けをするとなると

「あ、これ俺が買ってあげたワンピース!」

「これは俺が付き合ってた頃にあげたバッグだよね?!」

「○年前のクリスマスにあげたピアス、高かったんだよね~!」

・・・・・しょ、処分しずらい。

錆びたピアスも革のはがれたバッグも夫の前だとなんだか捨てずらい、売りずらい

でも、今日は大丈夫!

ぽ~い!!!

引越し準備を手伝ってくれない、むしろ何もしない、というか家にいない夫への制裁

甘酸っぱい思い出の品をイライラとモヤモヤでラッピングしてそのままゴミ箱へ。

断捨離が進み、気持ちもすっきり~!!

おかげでバスケ帰りの夫にも腹を立てずに済みます。


夫が捨てられない物を捨ててあげる

 300px 2枚
夫の靴箱です。
わたしはこれと同じサイズの靴箱を娘2人、息子1人と分け合って使ってるのに対し、夫はまるまる全て自分の靴を詰め込んでいます。

悲しいことに
履いてる靴はその中の1~2足ほど。

もはや前の前のお引越し時から持ってきてるけど一度も履いてるのを見たことのない代物まであります。


 300px 2枚
ぽ~~~い!!!!

次にお引越しするお家は今の3分の1の大きさしか靴箱がありません。
家族5人の我が家は、これから子どもの成長に合わせて物のサイズ、量が増えていくでしょう。

引越しを前に今できる限り物の量を減らさないといけません。

何かを得るためには何かを犠牲にするしかないのです。

これは、家族平和のためなのです。(横目)

まとめ

 300px 1枚
昨晩もバスケットに出かけて不在の夫を前に
我が家の引越し作業はどんどん進みました。

〇はじめからアテにしない
〇むしろそれを逆手に取る

不要なものを思い切って処分、新しい家ではプチミニマリストを目指したい

新生活に向けて上手に断捨離、ワクワクした気持ちで準備を整えていきましょう。

「なんかここまでやれば、後はあっという間だね~!!」

ここまで何もしていない夫の言葉に、歯を食いしばる今朝のわたしなのでした。


関連記事
mikumama.hatenablog.com
mikumama.hatenablog.com