時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

夫の物を勝手に捨てたわたしが失敗したたった一つのこと

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


引越しが完了しました。
そして新居での荷ほどきもようやく今終わりました。

夫?もちろん全然手伝ってくれなかったよ。
まとわりつく子どもと一緒にお片付けしてる間、元気にバスケットに出かけております。

・片付けが苦手
・物が捨てられない
・何でも宝物(記憶にないけど)

断捨離下手の三拍子が揃ってるわたしの夫は、掃除、整理整頓が大嫌い。
引越しに伴う荷造りももちろん何もしないダメダメ夫です。

なので、夫のクローゼットの奥でホコリまみれもの
靴箱の中の靴、へんてこなぬいぐるみ

全部勝手に捨てました!

しかし、わたしはここで重大な間違いを犯していたのです。

mikumama.hatenablog.com

事件発生!わたしが失敗したたったひとつのこと

事件は、荷ほどきのときに発覚します。

〇意気揚々とゴミ袋入りしたはずの夫の靴(ビフォー)
 300px 2枚

〇段ボールにちゃっかり入ってる!!!(アフター)
 250px 1枚

〇クローゼットの奥底でほこりをかぶってた色褪せたおサルもポイ!(ビフォー)
 250px 2枚

〇新居(夫の部屋)の窓際に座ってる!(アフター)
 250px 2枚


旧宅で捨てたはずの夫の品々がどういうわけか共に新居に引越してきました。

1.わたし捨てる

2.夫、ゴミ袋から拾う→隠す

3.わたしが片付ける(荷ほどき)→見つける

夫の片付けられない、手伝ってくれない特性をいかした勝手に断捨離大作戦でしたが、今回は大失敗。

捨てる過程で気づかれてしまった!

・ゴミ袋って透け透け
・口をあけたままゴミ袋を置きっぱなし
・ゴミの日まで見える場所に保管

わたしの爪が甘すぎた!
いくら片付けられない夫でもこの状態なら自分のものだと気づいてしまいます。


当然ながらミニマリストへの夢は到底叶いそうもありません。

夫の物を勝手に捨てるなら完全犯罪を狙え!

こればかりは、わたしの勘ですが
夫はわたしが捨てた靴やぬいぐるみをゴミ袋の中から発見するまではその存在自体すっかり忘れていたと思います。

・目に見えるから思い出す
・捨てよう(捨てられよう)とするから惜しくなる
・自分の意思じゃないから意地になる

断りもなくわたしが勝手に捨てたことが仇になったような気さえします。


夫の意見を尊重したうえで聞いてみる

・もうずいぶん使ってないけどどうする?
・売ったら新しいの買うお金の足しになるんじゃない?
・捨てたら、その分スタイリッシュな部屋になるよ。

夫が自ら断捨離するように仕向ける声かけ、方法はたくさんあります。
それでも、片付けが上手く進まないときは

最初から最後まで抜かりなく、ばれずに処分することです。

夫を傷つけることなく物を捨てるためには絶対に見つかっちゃだめ!
完全犯罪するしかありません。

物が捨てられなかった我が家のその後

結局、新居のクローゼットには他の荷物を入れただけでパンパンに。

捨てられずに一緒に引っ越してきた品々ですが、夫との話し合いの末

捨てるのではなく売ることにしました。

近くのリサイクルショップにて査定
・靴⇒¥300
・おサル→¥0

あまりの破格に夫が驚愕したのはいうまでもありません。

お宝、ブランド物、今は販売していない値打ちがあるに違いない。
愛着があるからこそ、手放すものには価値があるかのような錯覚を覚えます。

リサイクルショップに出すことで市場価値が分かり、目が覚めるきっかけになったようです。

引越し先での荷ほどきが完了した今わたしが思うこと
前の家と広さは変わらないはずなのに物が減った今のだいぶすっきりして見えました。

我が家の新生活、ミニマリスト途上生活はいまここから始まります。



関連記事
mikumama.hatenablog.com
mikumama.hatenablog.com