時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

小学1年生女の子の友達付き合い~いじめ?遊び?そういう時期?

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

小学1年生になってから
長女はたくさんの壁にぶつかっています。

初めて習う漢字や足し算や引き算
絵の具の使い方に、給食当番

楽しいことやワクワクすることもたくさんあるけど、
やっぱりそれだけではありません。

娘はどうやらお友達付き合いで悩んでいるように思います。


幼稚園から小学校に進学してお友達付き合いがガラッと変わりました

幼稚園にいたころはどちらかというと
みんながみんな自分主義

自分のやりたいことに熱中するし、興味が通えばお友達とも積極的に関わります。
時々喧嘩をしても数十分後にはケロッとしてまた一緒に遊びだす、
あとにも先にも引きずらない関係。

フラットでドライ。

子どもらしい伸び伸びとした環境が幼稚園にはありました。

小学校に進学してみてどうでしょう。

少なくとも今、娘は大きな壁にぶつかっています。

幼稚園では仲が良かったのにクラスが変わってから全く話さなくなったAちゃん
同じクラスだけど、気分によって無視をかましてくるBちゃん

「お友達だけど、今は一緒に遊んでいないの。」
朝、長女の友達が歩いて登校しているのを私がみつけ、
早く靴を履くよう娘に促すと遠慮がちな声で娘がつぶやきました。

急に他人のようになってしまった子
無視してきたり馴れ馴れしくしてきたりよくわからない子

少しずつ少しずつ
小さく静かになっていく娘の心を前に、今わたしはとてつもなく焦っています。

デコボコして湿っぽい。

今のお友達事情って複雑なのかな?
話を聞こうとすればするほど、娘はわたしをうざったそうに話をはぐらかします。

娘が友達に邪険にされている瞬間を目撃してしまいました

いつもの朝

週末旅行にいったのもあり、クラスへのお土産のおせんべいを持ってルンルンの長女

娘「今日は一組(娘のクラス)のお友達と一緒に学校にいきたいな」

いつもより早くお支度を済ませ靴を履き、笑顔で玄関で友達がくるのを待ち伏せしていました。

我が家はちょうど通学路に面しており
立っていれば必ず誰か知ってる子が通る最高な立地です。

娘「あ!〇〇ちゃんだ!お母さん行ってきます~~~!!」

わたしの行ってらっしゃいを待たずして、元気に娘は登校していきました。

しばらくしてわたしも靴を履き
何の気なしに、娘の向かった通学路に目を向けます。

そこには

一緒に登校していったはずの〇〇ちゃんが、他のお友達と走りだしていて、
それを追いかける娘の姿がありました。

〇〇ちゃんは面白そうにニヤニヤしてるけど
娘はお土産の袋を両手に抱え、「待って」とこの子を呼ぶのに必死です。


わたしはこの光景をみて思わず大きな声で娘の名前を呼びました。
戻ってきたら、
「ママと一緒に行こうか」と声をかけるつもりでいました。


娘は振り返ってこっちをみたけど、すぐまたニコッと笑ってわたしに手を振りました。

「お母さん行ってきます~!」

今度は、時折わたしを振り返りながらさっきよりペースを落とした小走りで横断歩道を渡っていきます。


あぁ、この子、わたしに気を使っているんだ。

また走りだしていってしまった娘の背中を
わたしは胸の張り裂ける思いで眺めていました。

子供はみな鈍感で敏感~いじめ?遊び?そういう時期?

我が家の長女は昔から口達者でしっかり者です。

ちょっと大人びた口調もするので、少々生意気なところもあるのかもしれません。

仕切りたがったり、お節介だったり
相手の気持ちをおいて事を進めてしまうやや相手の気持ちに鈍感な部分もあります。

もしかしたら、お友達にもそんな部分で嫌な思いをさせてしまうことがあったのかもしれません。


一方で、人の気持ちを見抜いたり、自分の気持ちをごまかしたり演技力の高い性格も持ち合わせています。
だんだん離れていくお友達の心を感じ取りながら、時に遠慮したり、逆にわたしに気遣って無理してでも入り込もうとする危うさを持っています。

鈍感でいて敏感

きっとどんなに幼い子でも
男の子でも女の子でも

そこにはみんな自分の気持ちがあり、相手への想いがあります。


長女はまだ幼く「いじめ」という言葉を知りません。

でも今、悲しいとかさみしいという気持ちを体感しています。
それでも気丈でいようとする強さを育んでいます。


ひどいことをされ悲しい思いをしても
その後、この子の気が変わって遊んでもらえたりすると嬉しくって最初の意地悪をチャラにしてしまうのでしょう。

結局、娘がどんなに歩み寄ってもこの子とのお友達関係はいつだってこの子次第でしかありません。

小学一年生のお友達付き合い
これっていじめ?遊び?そういう時期??

わたしは今とても悩んでいます。


悲しいな。どうしよう。
嬉しいな。もういいか。


いろんな気持ちを抱えながら右往左往している娘がいます。


まだ子供
まだ小学生
いっても女の子

目に見えるものだけではない何かが今わたしたち親子の前に大きな課題として立ちふさがっています。


おわりに

mikumama.hatenablog.com
mikumama.hatenablog.com

もう何度目だよ
こんな記事更新したの。

全然解決できていないじゃん。

今朝、意地悪をされてる最中
わたしに気遣って笑う長女の顔が離れなくて、

安心させるつもりが安心させられてたことに気が付き、ますます自分が情けなくなりました。

今日はちょうど息子の発熱で会社を休みました。
せっかくなので今から長女を学童から迎えてゆっくり過ごしてみようと思います。



○2017/10/25追記続編
mikumama.hatenablog.com