時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

「宇宙の学校」に参加したい!募集要項・申込方法は?我が家の抽選結果は・・・・

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

 480px 1枚
「宇宙の学校」って知っていますか?

我が子にはいろんな経験をさせたい。
でも、ズボラで平平凡々なわたしとガサツでインドア派な夫には限りがあります。

わたしのキャラ弁はラップで巻いたおにぎりにシールを貼って終わりだし、
ちょっと潔癖な夫はキャンプや海水浴にも消極的です。

特別なことをさせたいけど得意分野がない私たち夫婦は悩んでいました。

子どもの興味にとことん寄り添いたいし、
できることなら他ではできない体験もたくさん与えてやりたい
自分にはない知識や知恵を学ぶ場所、提供してもらえる場所はないだろうか



そこで見つけたのが「宇宙の学校」です。

宇宙の学校ってなに?

〇宇宙の学校ってなに??

「宇宙の学校」とは、数カ月おきに行われるスクーリング(工作と実験)と、家庭学習を 親子で一緒に取り組みます。スクーリングでは、家の中では出来ない広い場所が必要な工作と実験をやります。家庭学習は、スクーリングの時に配る数種類のテキストに、家庭でもできる工作と実験を写真とイラストで説明してあります。身の回りにある材料や道具を使うので、特別な材料や実験器具を使わずにできます。

共催にJAXA宇宙教育センターがいたりするなんとも素敵なイベントなのです。
月に1回開催を目安に、テーマを分けていろんな工作や実験をします。

参加費は無料

「宇宙の学校」は特定非営利活動法人子ども・宇宙・未来の会の登録商標です。
保険料や材料費等で1,500円ほど徴収する場合がありますが、イベント自体にお金はかかりません。

開催地は?

全国いろんな地域で定期的に開催しています。
20170614170618

一回だけのイベントもありますが、ほとんどの地域通年して3~6回のイベントをセットにして募集をかけています。

どんなことをするの?

20170614170700

ホバークラフトつくり
・かさ袋ロケットを作って遊ぼう
・熱気球を作ろう
・深海と水圧の実験
・万華鏡をつくろう
・空飛ぶ種をつくろう
・葉脈でしおりをつくろう
・静電気であそぼう

・その他いろいろ

普通の家庭では教われない体験や実験を行っています。
夏休み期間中はもちろん、土日をメインに開催されるので親子で参加しやすく、子供の自由研究にもなったりするのが特徴です。

募集要項/申込方法は??

わたしたち地域の「宇宙の学校」の募集要項を紹介します。

〇募集人数
・50組(親子ペアでの参加)

〇開催イベント
6月~10月の間で各月1回(計5回)

〇対象
※※市在住の小学1年生~3年生

〇募集条件
・未受講者
・合計5回すべて受講できる方優先


毎年応募が殺到するため、抽選を行いハガキで結果が当選者にだけ通知されます。

今年新一年生になり、ようやく宇宙の学校に応募できる学年になった長女のために
ぜひともこれに参加したい!!

我が家は意を決して電話をし、申し込みを完了させました。

抽選の結果~我が家の場合

募集が締め切られて数日がたちました。

我が家のポストにハガキが届くことはありませんでした。
惜しくも落選は確実です。


あぁぁぁぁ夏休みの工作とか自由研究どうしよう・・・・(そこじゃない)

熱気球、一緒に作ってみたかったな。
我が家はまた来年を目標にめげずに応募し続けようとおもいます。


おわりに

参加費無料!
JAXAの共催!
熱気球やロケット、ホバークラフト

家ではできないワクワクやドキドキを学ぼう!
「宇宙の学校」は子どもの好奇心をとことん追求、刺激を与えてくれます。

あなたの地域でも開催しているかも?

気になる方はぜひHPをチェックしてみてください。

KU-MA 子ども・宇宙・未来の会 | 宇宙の学校®