時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

子育て中でも女子でいたい!実年齢よりも若く見られる秘訣

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


「今年の新入社員かと思った!」

「3人子持ちのお母さんに見えない!!」

「もしかして10代で子ども産んだとか??」

完全なるアラサーになった今でも、
わたしは実年齢よりも若く見られます。

はじめはお世辞かはたまた嫌味かと裏をかいていましたが素直に受け止め喜ぶことにしました。

白髪もあるし、シミもある

こないだ髪をセットしてて衝撃!

ぴょーん!
と飛び出した白髪を発見しました。

根元から毛先まで真っ白の白髪です。

あぁ、とうとうわたしもこういう年齢になってしまったのか。

いつまでも20代のきゃぴきゃぴ気分でいたけれど、身体は年齢に正直です。

階段では息切れするし、化粧でごまかしてるけどほっぺにはそばかすのようなシミが無数にあります。

わたしは決してお肌プルプル、ナイスボディの健康ボディでもありません。

実年齢よりも若く見られる秘訣

適度に抜けたお洒落がうまい

適当な性格が功を奏して、
わたしは抜けたお洒落がうまいのです。

大人になっていくとお金もあるし、美しくみせるためにより技術や工夫を練り込むようになります。
わたしはそこでの気合がほんの少し足りません。

わたしの場合、
・メイクはするけどマスカラはしない
・ヘアコロンはするけどがっつり香水はつけない
・巻き髪や凝ったヘアスタイルはしないけど清潔感を維持する

バリバリがっつり気合の入った女性たちの中で比べると案外シンプル

意気込みが抜けてる

女性は年齢を重ねるごとにコスメや美容や服にかかる出費や労力が過剰になっていきます。

要所だけを抑えたお洒落を楽しんでシンプルでいることが若さの秘訣。
貧乏くさいけどプリンヘアをうまくごまかしたヘアアレンジは美容室にしばらくいかなくても清潔感を維持できました。

mikumama.hatenablog.com

好きなものに素直にはしゃぐ

TVでディーン藤岡がでたときは例え職場の食堂であっても目の色をハートにさせるし、厚焼きたまごが上手に巻けたときはみんなに自慢して歩きます。

子どもっぽいと言われたらそうかもしれない
頭のネジが急に外れた!と思われるかもしれない

年を取るとハメをはずさないように慎重になってしまいがちです。

冷静に物事を判断して、落ち着きのある大人よりも
わたしは「大人になってもバカだなぁっ」て笑われる大人のままで居たいです。

性格、精神年齢が低いってだけ。

ただそれは成長していないわけでなく、人生に楽しい肉付けをするためのボーダーラインです。

わたしは人生を悟って落ち着くための精神年齢の高さは目指しません。

精神の若さは周りにも自身にも大きな相乗効果があります。
・ストレス発散になる
・壮大な夢を語り合える
・挑戦心が沸く

好きなことに忠実で夢中だからこそ基本的な性格が明るいまま。
周りに寄ってくる人間もそういう人ばかり。

大人になった今も笑いながら壮大な夢を語る仲間たちに恵まれています。


間違ったこと分からないことは素直に伝える

・ごめんなさい
・分からないです

謝るのが負けな気がする
分からないのが恥ずかしい

適当にごまかしてプライドを保つ人を多くみてきたわたしが心がけていること

間違ったことには素直に謝るし
分からないことは頭を下げて教えてもらいにいく

仕事面でも生活面でもそれは変わりません。
言う立場のわたしにプライドもなければ、言われる立場もそれをつつく意地悪な大人ではないのです。

わたしの人間関係は極めて良好なのです。

ごめんなさいが言えなくてギスギスしちゃう
分からないと言えなくて見切り発車して失敗しちゃう

却ってメンドクサイことになった経験はないでしょうか?

ごめんなさい・わかりませんの言葉にプライドを反映させない。
それらを素直に言えることこそが今一番世の中の大人に欠けていて、それでいて必要なことだと思うのです。

子育て中でも女子でいたい!

・永遠に年を取りたくない
・遊び心をもって人生を楽しみたい
・良い人間関係を築いて余計なことで落ち込むことはしたくない

例え結婚しても子どもができてもおばあちゃんになっても女子でいたい!

若いね!と言われる基準は見た目ではなくその心構えから

可愛く楽しく年を重ねていきましょう。