時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

👉人気記事セレクション

共働きお財布別!お互いの収入を知らない我が家の「ブラックボックス家計」実態

スポンサーリンク

f:id:mikumama:20180108235908j:plain
共働きのみなさん

あなたは家計の管理を誰がメインで行っていますか?
一度夫の給料の全てを預かっておこずかい制?
やりくりが苦手な人は逆に夫に管理してもらうほうがラクって人もいるのかもしれませんね。

その中でも共働きの場合はお財布別の夫婦が多いといわれています。
お互いの手取りや貯金額を開示してやりくりする分にはいいけれど、

お財布別で、さらには
お互いの収入や貯金額を知らないことを「ブラックボックス家計」とよぶそうです。

ブラック家計夫婦ほど、将来の見通しを十分に立てていないため、「なんとなく不安だ」という気持ちを抱いています。また、相手が何にいくら使っているのかがわからないので、何かあると相手への不審につながりやすく、それが積もればあらぬ誤解を生んだり、信用をなくすことにもなりかねません。このように「ブラックボックス家計」は、おカネに対し自由度が大きいように思いますが、こういう状況を生み出しやすいのです。夫婦関係も家計も最悪の場合、破たんということになりかねません。

出典:共働き「ブラックボックス家計」が危険な理由 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

反対に、おた互いに収入や貯蓄額を把握していることを「ガラス張り家計」っていうみたい。

わたしは夫の手取りは知らないし、夫はわたしの手取りどころか副業の存在ですらも知りません。
まさに我が家はブラックボックス家計です。

ブラックボックス家計の落とし穴

貯金ができない!

・相手もきっと貯めてるだろうというおごりの気持ち
・上限のない自分へのご褒美
・使うも貯めるも自分次第

お互いの収支を把握していないというだけで、自分に甘くなっていくばかり。
不明瞭なお金の流れはどんどん貯金意欲をそぎ落としていきます。

子どものため、マイホームのため、旅行のため家族で叶えたい目標もしかり、
好きな服や、コスメにネイル。趣味に投じるお金も自分で目標設定できてしまいます。

使う場所、目的、金額を自分で決めることができる自由度の高さも散財を招く原因になってしまうのです。


相手への不信感を抱きやすい

f:id:mikumama:20180119162116j:plain
・わたしはコツコツためてるのに
・共用の●●も○○わたしが支払ってる
・この人(夫)は今日も自分の趣味のものばかり買ってるし、ほんとに貯金してるのかしら

アマゾンから夫へ訳の分からない荷物が届くたび、心がざわついたり、
わたしが子どもの貯金を頑張る一方で夫は何を頑張ってるんだろうと不安になったり
貯金してなかったと仮定して、老後のお金までわたしが面倒みなきゃいけないのかと深みにはまって疑心暗鬼


自分自身は触れられたくないくせに相手の貯金額や使い方が気になって仕方ありません。
ブラックボックス家計はその名のとおり真っ暗で見えないブラックなのです。

でも全部把握するのって正直めんどくさいよね
わたしも放っておいてほしい趣味の一つや二つはあります。

できるだけブラックボックス家計のまま、順調に夫婦仲を続けていけたら、なんて思ってもいるほど。

悪いことばかりじゃない。
夫の収入を知らない、使い道を知らない運用法法
我が家の財政を管理するブラックボックス家計の意外なメリットも紹介します。


ブラックボックス家計のメリット

お互いに依存しない

基本的に欲しいものは自分でなんとかするスタンス。

少額のお菓子や、趣味のグッズはもちろん、
田舎で車が必須な地域に住む我が家はマイカーだって個人の名義で保有し、自分で支払いをします。

欲しいメーカー、したいこと、そのために必要な金額と計画
必然的に自分の身の丈に合ったものを所有するようになるし、相手の手取りやボーナスをアテにしたりすることがありません。

わたしは自動車税の安い軽自動車を中古で一括購入。
ローンの利息や税金の余計な支払いを抑えて乗れたらいいのスタンスを貫いています。

結婚当初、やみくもにピカピカいかつい国産高級車を欲しがった夫は手持ちの貯金と支払い計画を自分で作成。
熟考の末、最終的には燃費が良く流行り廃りのない新車のnote(ノート)を購入しました。

2年でローンは完済。
8年が経過し、子どもが3人になった今も家族で愛用しているファミリーカーです。

お互いに依存しない家計管理は、安易な考えや見栄をこそぎ落とします。
パートナーをアテにしないからこそ自分の財政に目を向けるきっかけになるのです。

自分の可能性を広げることができる

夫婦でお互いの収入やお金の使い道を知らない最大のデメリットは相手の借金や、負債が自分の知らないうちに出来上がってることです。

逆を言えば、
自分の収入を相手に知られることなく増やすことも可能。

ちょっとしたへそくりって使う目的がなくても何となくワクワクしますよね。
「秘密」って見方を変えれば自分でやる気を起こす原動力です。

資産運用が上手になればさらにやりたいこと挑戦したいことが増えてきます。

いい貯金方法はないかと貯蓄型保険に加入するのもあり。
趣味の小物づくりをネットで販売してみたり。

ちょっとしたお小遣い稼ぎで得た収入が少しずつあなたの自信につながります。
自分だけの挑戦、可能性を後押しするのはいつだって自分だけなのです。

個人個人の責任能力が増す

f:id:mikumama:20180119162138j:plain
「小遣い増やしてよ小遣い増やしてよ」
使うだけ使って、小遣いが少ないと文句を垂れる男性をTVや身近でもよく見かけます。

「うちの夫は給料が少なくって・・・」
とてもじゃないけどやりくりできない、と甲斐性なしをたしなめる奥さんもいることでしょう。


わたしも給料は少ないけどおかげで保険知識や投資術は高まりました。
元銀行員、二度も転職した夫はだからこそ慎重派。経理、会計はお手の物。個人で経理監査をするほどです。

お金の使い方、貯め方、運用方法
全部が全部自分次第だからこそ、私たち夫婦はそれぞれのやり方に責任を持ってマネー管理するようになりました。


お金じゃない話をもっとしよう

貯金してるの?
何を買ったの?
手取りはいくら?
小遣い何に使ったの?
今月残業少なかったから給料も少ないね。

お互いの財政が見えないブラックボックス家計でも
明瞭なガラス張り家計でも
お金のことになると良いも悪いも、互いの心を覗き込みます。


うまく家計管理できないパートナーなら手綱を引くのも一つの案
そうでないなら、信用をおいてブラックボックスで任せてみてみるのもいいのかもしれません。

大切なのはお金の先にある会話をすること

何か欲しいの?
どんなことがしたいの?
どういうふうに考えてるの?
面白そうね
だったらこうしてみるのはどうかしら?


相手の気持ちが伝わると、その挑戦を応援する気にもサポートする気にもなれるのです。
危ない!と感じたら転ばないような知恵や方法を二人で考えることもできるでしょう。


わたしは夫の収入を知りません
夫は仕事も趣味も全力投球。子育てにも協力的。心が安定してるのがわかるから家族に安心感を与えます。

夫はわたしの収入を知りません。
けど、休みの日はそっとわたしに一人の時間を作ってくれ、応援してくれているのが伝わります。


共働きお財布別
ブラックボックス家計の我が家だけど、貯金も夫婦仲も順調です。

おわりに

結婚当初、デキ婚だった私たち夫婦はお金が全然なくって
それでいて学生気分が抜けずに根っからの散財体質でした。

自分のお財布に自信がないからこそ、相手ばかりを責めるような気持ちばかりが増幅します。

意を決して自分だけの貯金術、節約術、マネタイズを生み出せるようになったとき
相手のことを素直に認め、信じられるようになりました。

お金の管理方法の根本を見直そう!
大切なのは収入を知ることより相手の本質を知ることです



関連記事
mikumama.hatenablog.com
mikumama.hatenablog.com
mikumama.hatenablog.com