時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

4歳の読み聞かせ絵本に対象年齢3歳以下の「だいすきぎゅっぎゅっ」がおすすめな理由

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


今日から幼稚園に通う次女4歳は、
とにかくやんちゃで、かれこれ2年以上はイヤイヤ期。

超がつくほど勝気でなにをいっても自分が納得しなければテコでも動きません。

あれこれ試行錯誤しましたが、
その中でも読み聞かせ絵本が娘の心を落ち着かせる第一手段です。

今日はおすすめ絵本とその理由を紹介します。



ちなみに、絵本以外でのイヤイヤ期攻略法はこちらの記事で紹介しています。
イヤイヤ期に目から鱗の神対応~3歳育児は怖くない! - 時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那


4歳の読みかせに対象年齢0~3歳の絵本を読んでます

わたしは、次女の読み聞かせ絵本に、あえて赤ちゃん~3歳幼児レベルの絵本を読んでいます。

・もちろん適齢な絵本も読む
・時には対象年齢以上の本も読む
・だけど赤ちゃん~3歳幼児の絵本はその何よりも心を込めて読む

我が子にはすくすく育ってほしいし、脳も身体も豊かに伸びやかに成長してほしいと願っています。
わたしが対象年齢が実年齢よりも低い本を読んで聞かせる理由はひとつ

子どもが背伸びしなくてもいい環境を確保する

「ほら、早くしなさい」
「もうお兄ちゃんでしょ」
「お姉ちゃんなんだから」
「がんばれ!あなたならできる」
「すごいね、頑張ったね、偉いね」

ちょうど4歳くらいの年齢は
弟/妹ができたり、
幼稚園に通うようになったり、
トイトレが完了し、一人前の子どもに成長するときです。

その過程でわたしたちは、子どもを励ましたり、時に急かしたり、注意したり、叱ったりもするでしょう。

ちょうど昨日までできなかったことにあと一歩で届く、そんな成長の境目が4歳です。

子ども心でも、歯を食いしばって我慢したり、ああでもないとひねくれてみたり、ようやくたどり着いてうれしくなったりといろんな感情を体感します。


対象年齢以下の絵本は4歳の娘にとって

・簡単、単純、あっという間
・ほんの少し物足りない
・でもつい最近までのわたしの絵本
・本当はちょっと戻ってみたいわたしの願望

がいっぱい詰まっています。

だいすきぎゅっぎゅっがお気に入り

対象年齢

●0歳~3歳

あらすじ

「おはよう!おはよう!」から始まり、「おやすみなさい!」で終わる、うさぎの親子の何気ない日常を愛情たっぷりに描いています。

朝起きて、顔を洗って、髪をとかして、洋服を着て…と何気ない日常が続いていきますが、朝ごはんを食べて「だいすきぎゅっぎゅっ」、本を読んで「だいすきぎゅっぎゅっ」、いっぱい遊んで「だいすきぎゅっぎゅっ」と合間合間で、うさぎのママが子どもを抱きしめます。

デイヴィッド・ウォーカーさんによる絵は、色合いが柔らかく、うさぎの親子がぎゅっとするシーンはどういうわけかふわふわな印象を与え読んでるこっちまでポカポカと胸が温かく優しい気持ちになります。

おかあさんとこどもが一日を過ごしながら何気ないシーンで抱っこしてぎゅっとするだけのお話。

4歳6歳の娘に与える効果

 320px 1枚
ある日の我が家

・ママとぎゅってしたくなる
・弟/妹にぎゅってしたくなる
・何をしなくても温かくて穏やかな気もちになる

普段は意地もあってなかなか甘えられないけど、今日はなんだか赤ちゃんに戻りたいな。
ちょっとした息抜きにママにぎゅってされてみたい。


いつもは喧嘩したり、こっそりおもちゃを取ったりして意地悪したくなる弟/妹にも優しくしてあげたいな。

明日からまたお姉さんになるから
今日はいいよね??

そんな声が聞こえてきそう。

4歳の次女だけでなく普段はしっかり者の長女6歳までも甘えん坊になる様子は可愛いです。
いろんなことに挑戦して、いろんな感情を前に奮闘してる我が子には時々こんな風に赤ちゃん返りをさせています。

おわりに

今日は、次女の幼稚園の入園式でした。

わたしは、仕事でいけませんでした。
その代わり、仕事に向かう途中まだ誰もいない幼稚園の靴箱を見に行きました。

綺麗に掃除された靴箱に、しっかりと娘の名前があり、
横にはピンクの桜のシールが貼られています。

「入園おめでとう」
式が始まったであろう時間。
携帯に送られてきた娘の写真が胸をきゅっとさせます。

パパがいうには、たくさんの人に緊張して
必死で涙をこらえながら行進したみたい。

明日からは、新しいお友達新しい環境でのスタートです。

参加できなくてごめんね。
偉いね。写真みたよ、すごくかわいかった。

奮闘した娘を労って、今日はだいすきぎゅっぎゅっをしようと思います。



関連記事
mikumama.hatenablog.com