時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

赤ちゃんはママよりパパが寝かしつける方がよく眠る理由

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

 480px 2枚

新生児のころはそれこそママ在りき
幼児~小学生児になれば絵本と暗闇さえあればいつの間にかコロンと寝る

では、

生後10か月~二歳児までの赤ちゃんの寝かしつけってどうしていますか?

わたし、実は衝撃的な事実に気が付いてしまったのです。

驚き!赤ちゃんはパパが寝かしつけた方がよく眠る!

一昨年、息子が生まれてから今まで、息子の寝かしつけはいつもわたしの役割でした。

息子が1歳半になった今も、状況は変わりませんでした。

夜泣きで目が覚めるのもいつもわたし。
夜泣きに背中を向けて布団をかぶるのが夫。

先日、わたしは友人の結婚式の予定がはいり、夜家を空けることになりました。
その日はわたしに代わって夫が寝かしつけをするしかありません。

きっと夜はさぞかし大変で、さぞかしわたしの日ごろの功労に感謝することだろう。

ざまぁみろ!

そう思って出かけましたが、事態は想像のななめ上をいきました。

いつもなら2、3時間置きに目が覚めて泣く息子が、この日は朝まで起きることなく眠り続けたのです。

偶然かと思い、その後も何度かパパによる寝かしつけを決行

もちろん深夜に起きることもあったけど、それでもわたしが寝かしつけるときよりも長く深く入眠しているのです。

どうしてママが寝かしつけるよりも
パパが寝かしつけた方がよく寝るの?!

したり顔の夫を前に、
わたしは不思議でなりませんでした。


赤ちゃんはママよりパパが寝かしつける方がよく眠る理由

ママによる寝かしつけ

 480px 2枚

・授乳
・添い乳
・抱っこ+ゆらゆら
・子守歌+ゆらゆら

21時を過ぎたころには我が子を寝かせようといろんな策を練りはじめます。

抱っこして寝てしまったら、いかにばれずにベッドに置くかを思案します。
気づかれてしまったら、またはじめからやり直し。

おっぱいや育児技をたくさん携えている傍ら、デメリットも多数あります。

・授乳=胃が活性化
・添い乳=癖がつく
 (吸ってないと眠れない)
・抱っこしてないと分かる起きる
 =赤ちゃんが敏感に反応。酷い時はママは寝返りも打てない

寝ては起き、起きては寝かせての攻防を繰り広げる無事任務を遂行するのがママにより寝かしつけテクニックです。


パパによる寝かしつけ

・おっぱい無し
・抱っこ+ゆらゆら無し
・子守歌無し

生物的なことも含め我が家のパパはガサツでズボラ。
子どもの寝かしつけテクニックはただ一つ!

一緒にゴロゴロ

・遊び飽きるまで遊ばせてやるし
・泣き始めてもおっぱい武器や育児知能は皆無。
・なので、ほんの少しママより高めの体温でがっちりと抱きしめる。

結果
赤ちゃんは眠くなったら、普通に寝る

遊んでてふと自ら横になって寝はじめることもあれば、泣き疲れてコロンと寝落ちすることもあります。
ママより頼もしい腕は赤ちゃんの身体をすっぽり包み込み不思議な安心感があります。

パパのなす術の無さが何よりも強みでした。


ママだとやれおっぱいだ!やれ抱っこだ!で赤ちゃんの要求レベルがグンと上がってしまう気がします。

時間にも心にも焦りのないパパによる寝かしつけが、なんだかんだで一番リラックスした入眠を誘うのかもしれません。


夫の育児参加率が上がりました!

mikumama.hatenablog.com

「どうせ泣くんだもん」
「俺おっぱいでないし」

ある程度大きくなった上のお姉ちゃんたちとなら楽しく仲良く過ごせるのに、これまでの夫は乳児~赤ちゃんである息子の育児にはどこか消極的でした。

でも今はどうでしょう。
一緒に横になることで、息子もパパのお腹に乗って遊んだり顔をぺしぺししていつも楽しそうに笑っています。

「あなたと寝るほうが、〇〇(息子)も朝まで寝るのよ。ほんと不思議」
わたしがそういうと夫はどこか誇らしげに笑います。


赤ちゃんを前にしてなす術ないと思ってたパパ育児が最大の魅力!

ママにはどうしてもマネすることできない育児術がパパの中にいっぱい秘められています。

ぜひ、上手に発掘してみてくださいね。
きっとあなたの夫の育児参加率もグンと上がりますよ。

おわりに

昨日は久々に、わたしも朝までぐっすり眠れました。
夫が息子を寝かしつけてくれたおかげで、息子もわたしも深い睡眠がとれたみたいです。

パパってすごい!

ベッドに横になる夫の姿に、ワラワラと子どもたちが寄ってたかる様子にはいつも笑わされ癒され感心させられます。

ぜひ赤ちゃんの寝かしつけをパパに挑戦してもらいましょう。
赤ちゃんの様子を覗いてみましょう。
褒めて称えてあげましょう。

夜泣きの頻度、睡眠の深さはママがやる寝かしつけより効果絶大。

パパ育児の可能性は無限大です。