読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

貧乏貯金術〜小銭貯金は100円が鍵!欲の数だけお金に変わる

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

貯金は永遠の課題だと思ってます。

独身時代は欲しいもののために
結婚したら新婚準備のために
子どもが出来たら教育資金
子どもが巣立ったら老後資金

将来の安定、気持ちの安定のために私たちは永遠に貯金をし続けなくてはいけません。
ではその貯め方について、
実際にいろいろ試してわたしが実感した効率の良い貯金方法を紹介します。

小銭貯金のメリット

・楽しみながら貯まる
・貯まるを実感する
・細かいお金を気にするようになる
・増やすを意識するようになる
・意外にも貯まる

引用先:貯まらん人に小銭貯金をすすめる5つの理由

お菓子を買ったつもりのつもり貯金や
帰宅したら財布に入っている50円以下のお金を貯めるざっくり貯金
小銭で始めるお金の貯め方はアイディアがいっぱい!

お金の大切さを知るには小銭貯金から始めるのが一番手っ取り早い!
お金が貯まらないという人への貯金法に小銭貯金はおすすめです。

でもわたしは小銭貯金をするのなら1円10円の単位はあえてやらないでほしい。
数ある小銭貯金法ですが、わたしの小銭貯金法を教えます。

1円10円の貯金はお金が逃げていく

1円5円10円
家計簿で黒が出た分、買い物予算で浮いた分を貯金箱にコツコツいれていくあの方法!

これはお金が貯まるとは思えません。もっというとお金は逃げていきます。

よく、1円を馬鹿にするものは1円に泣くといいますが、実は1円、10円を大切に貯める方が泣くことになります。

・使い勝手が悪い
・思ったよりも少額
・物が買えるまでに時間がかかる

1円、10円をたくさん貯めたらどうしますか?
目標にしてたものを買いますか?というかいつ買えるのでしょうか。

わたしがやってみて実感したことは、
コツコツ貯めていっぱいになっても貯めた金額は想像以上に低いということです。

これを使ってレジに行く勇気がない。さらに銀行での両替は手数料がかかる。

もしくは1度通帳に入れると、印字された金額がさらに追い打ちかけて貯まらなかったことを思い知らせてくれる。というサイクルに陥ります。

結果、1円10円には価値がないと感じ貯金そのもののモチベーションがガタ落ちに。
まさに1円に魅力を感じない、馬鹿にする状況になるのです。


1円10円は使いまくれ!
貯めるには100円単位が最適!

レジでお金を払うとき小銭がぴったり合うと得した気分になります。
あと1円〜!となったとき、財布の隅から出てくると嬉しくなるのはよくある事。

1円10円はそのスッキリ感を味わうために有意義に使いましょう。

そして、使わない100円をどんどん増やしていくのです。

家に帰ったらコーヒーも牛乳もあるのに、いまこのカフェラテ必要なのか。とか、もうすぐ夕飯なのに、コンビニでチキンつまみ食いしちゃう、とか。

100円貯金が良い理由

・無駄な消費は100円単位が多い
・貯めるにも使うにもわかりやすい
・やりくり上手な気分にさせてくれる

ついでにこれも、ちょっとこれ食べたい、と我慢したらどうにでもなる無駄な消費は100円単位のものが多いのです。

100円の消費が1カ月もすると意外にも大きな出費になってることに!
だからこそ、この無駄な出費を抑え、使わない100円を増やすことが大切になってきます。

100円の良いところ、それは頭の中で換算しやすいとこにあります。
今日は、コーヒーもチキンもやめてみた!200円儲け!

欲望を抑えた数だけ
100円が貯まる

100円はお札に替わる10歩手前、
我慢とやりくりの積み重ねでどんどんカタチをかえていきます。

お金を貯めるモチベーションを維持するにも100円は都合がいいのです。

逆に小銭貯金スタートから500円は危険!貯め始めるからすぐにまとまる額になります。
急な出費に手が出しやすいのです。
(壊さないと取り出せない貯金箱なら良いかもしれないですね)

友達とのランチ、買い忘れの品物、子どものおつかい。
ちょっとしたものの出費は500円コインは勝手が良く使いやすい。

貯めるにも良いけど使うにも勝手が良すぎてしまいます。

まとめ

貯金って貯めようと思ったときから達成するまですごく時間がかかります。
むしろ、目標金額に到達してもさらに、上を目指したくなるものです。

一攫千金を狙うより、いろんな運用方法を実践してみたり増やす方法はたくさんあります。

貧乏貯金術、小銭貯金を始めるなら
100円スタートはおすすめ!

日頃の心がけを大切にコツコツ続けることが1番確実で1番の近道なのだと感じるのでした。