読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

子ども3人を公園でがっつり遊び疲れさせるための意外な持ちもの

子育て

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

長女5歳、次女3歳、長男6カ月

春休み中の3人育児は地獄でした。
今まで長男と二人で過ごす日中がいかに穏やかな時間だったのかを思い知らされました。

わたしと子ども3人を残して会社に出かける夫の姿が
眩しくて、悲しくて、辛い

振り返ると
今にも火を噴いて町を破壊しそうな子ゴジラ2匹と
よだれダラダラおっぱい星人が一匹

あーーーーーー!!!
どうしよーーーーーー!!

これからこいつらをどう遊び疲れさせたらいいんだ~!

近くの公園だけでいかに体力を消耗させるかに全神経を注いだ1週間

今日は子連れのお出かけ時には必須の基本アイテムから
がっつり楽しむために役立つアイテムをご紹介します。

お家遊びだけでは物足りない幼児

特に5歳は体力が余り過ぎてお昼寝なんてしません。
3歳は常識が通用せず、行動すべてが予測不能です。

雨の日や外出が困難な日は
お家の中でも楽しめる遊びを工夫しながら編み出してきました。

mikumama.hatenablog.com

安全楽しいお部屋遊びは2時間程度が限界!
飽きてくると我が家に異常事態が発生します。

・TVにシールを貼りまくる
・殴り合いの姉妹喧嘩が多発
・うるさくて眠れない乳児がさらに不機嫌泣き

おとなしくおままごと
静かに映画鑑賞
ぐっすりお昼寝はもはや空想の世界

家事が進まない
室内は台風暴風域
脳内は大恐慌

お家遊びだけでは、完全負のスパイラルなのです。

公園でがっつり遊ぶのは誰得?
メリットデメリット

子連れで外出デメリット

・準備が大変
・荷物が膨大
・体力消耗

先にトイレに行かせて、着替えさせて、あれこれあれこれ。
幼児だけならともかく、乳児連れだと荷物は二倍どころか三倍になります。

出掛けると決めた瞬間から、全身全霊で意気込まないといけないのが子ども連れ外出の鉄則

ピクニックがてらを企画してしまったわたしはお弁当作りからスタート
子どもたちはさておき、出掛ける前から軽く体力消耗してしまいました。

最新遊具がいっぱいで大人気の公園に連れて行ったのに遊具で遊ばず地面に絵を描き続ける娘をみて連れてきたこと自体にガッカリしてしまうことも。
20160417235754
(書いた絵には癒された)

子連れで外出メリット

・部屋が汚れるのを回避
・子どもが程よく疲れる
・私のストレスが軽減される

どうせ家にいても家事は進まないのだからこの際外で遊んでしまおう!
良い意味で吹っ切れることができストレスが少し緩和されます。

エンドレスなお片付けにイライラするのはナンセンス!
外なら遊び放題!家だとよくある壊されたくないものを高いところにあげて隠したり大きな音にドキっとしなくて済み穏やかな気持ちに。

身体もめいっぱい動かすから帰りの車ではへとへと
眠ってしまえば、その後の家事もスムーズに行うことができるのです。

乳児がいるから上の子には悪いけどお家でゆっくり過ごそう
実はこの考えこそが間違いで

外で遊んで過ごしたほうが遥かに楽だった!

子どももママも大満足!
お得で手っ取り早いのが公園です。

家にいて何もできなかった日より
外出して夕飯が遅れた日のほうが夫も理解を示してるような気がしました。
(どんな場合でも子育ては本当に大変なんだと世のパパに知らせたい)

公園でがっつり遊び疲れさせるための
意外な持ち物って?

必要なもの

・おやつ
・水筒
・敷物
・タオル
・ウェットシート

自動販売機は敵
水筒と小休憩のおやつは必須!

汚れるのもわかってるからこそタオルやウェットティッシュもあるといいでしょう。

そして意外にも役立つアイテムはこれ

半日キャンプや運動会でも大活躍!

ワンタッチテント
ミニテントは幅もとらず、手軽に日陰が作れてとっても便利です。

少し広い公園だと、ベンチや屋根の下は先客でほぼ埋まってます。
昼間の太陽は子どもと布団には栄養ですがママにとっては神経衰弱の素!

ワンタッチテントはその名の通り数秒で組み立て、折り畳みもできママでも扱いやすい。
何より遊ぶ子どもたちを監視しながら自分が寛げるのが最大の魅力です。

ここだけの話、
テントを閉めて授乳することも可能です(小声)

大概の遊びの切り上げ時は赤ちゃんがぐずったときやママが疲れたとき基準で決めてしまうことがほとんど。
まだ遊びたい~!とごねる子どもにこっそりため息をつくこともありました。

ワンタッチテントさえあれば、子どもが帰ろうと思えるときまでのんびり待つことができます。
始めは日傘→ミニーちゃんのボールプール用ハウスの流れから気が付いたアイテムでした。
20160417235912

外出するとき、外で遊ぶときに大切なこと。それは
子どもを楽しませることよりも自分が疲れない手段をとることです。

・お弁当じゃなく、ドライブスルーでハンバーガー
・無理してわざわざ遠出しない
・ある程度慣れた公園ならずっと監視してなくてもいい

適度に手抜きがちょうど良い
自分だけは疲れずに子どもはがっつり遊び疲れさせることができます。

まとめ

ありあまる体力とパワーに家は崩壊寸前
怒ったり焦ったりわたしの頭は爆発寸前

家で子育てしていると窮屈でやけに疲れてしまいます。

その奮闘してる二時間、
公園で全力で遊ばせてみませんか?

家でハラハラドキドキする余分な感情を軽減!
ママも簡単にリフレッシュできます。

ゴロゴロウトウト
娘たちが遊んでる間に
うっかり息子と昼寝してしまう事態も発生

公園で遊ぶのは予想以上にママ得!
穏やかでのどかな日中子育てを過ごしてみましょう。