読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

息子1歳が昼夜逆転して寝不足です。夜泣きならぬ夜遊び事情

赤ちゃん 子育て

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク


こんにちは。
ここ最近超絶寝不足です。

いまだ卒乳していない息子1歳の夜泣きならぬ夜遊びが止まりません。

どういうわけか、深夜2時~3時に覚醒します。
部屋中に響き渡る笑い声・・・・。

寝たふりを決め込んでもぺしぺしとほっぺに充てられる肉厚ある手のひらの感触

「ぱいっ!ぱいっ!!」
ご機嫌よくわたしの名を呼び続けます。

補足:息子はわたしをママではなくパイパイと呼ぶ

こんにちは。
ここ最近超絶寝不足です。(2回目)

息子1歳が昼夜逆転する原因

どうして息子が夜中にこんなに元気よく覚醒するのか考えてみたんですけど、一番の原因はこれしかありません。

夕方~夕飯時がすこぶる不機嫌

・おっぱいよこせ!
・飯よこせ!
・とりあえず今抱っこしろ!

夫婦共働きでフルタイム
朝の8時から夕方18時30分まで保育園にいる息子のストレス&さみしさはお迎え時になるとMAXです。

お迎えしたあとの抱っこからチャイルドシートに乗るのも嫌がるほどわたしに甘えたがります。
息子の泣き声と娘たちのおしゃべりをBGMになんとか帰宅

ごはんを作る間、娘たちにかまってる間
終始かまって泣きが始まります。

そんなときのわたしは、手取り足取りかまってやるも先に、
とりあえず授乳して寝かしちゃう

おとなしくさせるために
息子まさかの19;30就寝

時計が半周するあたりの2時~3時に全回復、ようやくご機嫌ちゃんになるのです。

二度寝できないわたしの性質

・たった今すごく眠い
・今起きたら朝起きるの辛い

これはわたしの体質なのかもしれませんが、二度寝するのがすごく下手なんです。

寝ぼけ眼で過ごすならそのまま寝落ちまでいけるけど、
一度ちゃんと起きてしまうと次はなかなか寝付けません。

・・・息子がめっちゃ笑ってる・・・
このまま無視して寝ちゃおうか・・・・・

息子「ぱいっ!ぱいっ!きゃははは!」

わたし「・・・・・・ぶふっ!笑」



どんまい。二人して覚醒。

ここ最近、わたしと息子の夜遊びが止まりません。

おなかに空気をぷーっと吹きかけて遊んだり、トントントントンひげじいさんの手遊びをしてみたり
息子と過ごす二人の時間が今とんでもなく楽しいのです。

夜泣きは孤独。夜遊びは結束

新生児のころは夜泣きが酷くて家族みんなが寝不足になってしまったあの日
この日を境に我が家はわたしと息子だけ寝室を移動し、二人で夜を過ごすことがほとんどでした。

泣いてる息子を目の前に
なんで泣いてるかわからない
何をやっても泣き止まない

家族のために朝早く仕事へ行き、残業をこなして夜遅く帰ってくる夫に助けを求めるなんてできません。

息子の夜泣きを前にわたしはずっと孤独でした。


1歳を迎えた息子の昼夜逆転
深夜に響く笑い声、たどたどしくも私を呼ぶ可愛い声

意を決して付き合ってみると

〇なんだか明日のことなんてどうでもいい
〇なんの邪魔も入らずこうやって流れる時間が新鮮で穏やか

夜泣きは孤独、夜遊びは結束

乳児と笑いあって過ごす夜がこんなにも楽しいものなんだ。

ここ最近寝不足だけど、普段向き合えない息子と心通わせるこの時間がとても愛おしくて楽しいです。

まとめ

わたしは息子の昼夜逆転を治す方法をきっとたぶん知っています。

・夕方に寝かせない
・寝る前は刺激の強い遊びをしない
・生活リズムを整えるためにあえてお昼寝をさせる
(疲れすぎないため)

でもそれをあえてしないのには理由があります。

夜泣き末、コトンと寝入る瞬間の頬に残る涙の愛おしさ
何度かけてあげてもすぐに蹴られてしまう毛布のふがいなさ
次女3歳の寝相・寝起きの悪さ、長女6歳の突拍子もない寝言

1日の終わりに見るわが子の姿にクスッと癒された経験は誰もが持っていることでしょう。

わが子と夜遊びして過ごしてみよう
常識もへたっくれもないけれど、昼夜逆転してしまった息子と過ごす夜を振り返ったときに気づいたことがあります。

わたしの1日はそこから始まっている。

夢見るわが子の姿
今日あった出来事の振り返り
明日への展望

今夜の夜こそ今日のわたしの始まりです。
さぁ、今日も1日あなたにとって素敵な日でありますように


余談〇
1/23はてなブックマークが利用停止になってしまいました、
現在サポートセンターにて原因究明中です。ご愛読している方へのレスポンス機会がなくなりとても悲しいです。
でもちゃんと読んでます。しばらく音沙汰なくなるかもしれませんがご理解よろしくお願いいたします。



関連記事
mikumama.hatenablog.com