時短勤務で働くママ VS 3人育児とちょいぽちゃ旦那

社会人歴=妻歴=ママ歴のわたしが、育児、夫婦、お金のことを書いてます。小さな発見を大切にをモットーにしたブログです。

公開!給料明細!時短とフルでこれだけ変わる!2時間の差が生むものは?!

👉人気記事セレクション

スポンサーリンク

こんにちは、
赤ちゃんが産まれて一息(^_^)
毎日癒されながらも
お金事情についてのネタが溢れすぎているダークなみくです(^_^)

今日はお恥ずかしながら
赤裸々にわたしの給料について晒してみようと思います。

わたしデータ
30歳 入社6年6ヶ月
うち産休育休のため実働履歴 3年

とある、いわゆる最低賃金といわれる地元の百貨店で正社員として入社、つい最近までは育児時短勤務しておりました。

勤務形態

フルタイム
実働8時間 (休憩1H)残業あり
9:30〜21:15間のシフト制
週休2日 年休20日

時短勤務
実働6時間 (休憩1H)残業なし
9:30〜16:30の早番専属
週休2日(水・日固定)年休20日


こう見ると分かりやすいように
時短勤務は
保育園のお迎え時間前には終業
ついにはお休み固定もでき、子育て環境がフルタイムより随分よくなったのがわかります。
実は1人目のときはフルタイムで復帰したわたし。最初がそうだっただけに、大変ながらもなんとかこなしてました。
しかし、次女が産まれて手がいっぱいいっぱいになり初めて選択した時短勤務がこんなに素晴らしいものだったんだと実感したのを覚えています。


実際の給与差額は?

フルタイムのときとどのくらい変わるのでしょうか?
給料明細を見てみることにしました。
明細には
【勤怠控除】の枠から
フルタイムで貰える給料から時短勤務用に差し引きします。

ではどうぞご覧ください。

じゃじゃん!
腹ペコあおむしが必死で何を隠しているかは無視してください。

その差額

−46057円

毎日2時間フルタイムのときより短くなるということは月に22日働いたとして

大体1日2000円ちょっとで時間を買っていることになります(^_^)←あえて具体化を避けますがσ^_^;

しかも、これで子供をちゃんと保育園にお迎えができるし残業が基本禁止の時短勤務だからこそ安定した家庭を作っていくのが楽になります。(^_^)

この差額が高いか安いかは人それぞれですが、わたしの感覚としてはまさに

【時は金なり】


フルタイムで働いていたときよりも
子供に対してゆとりがあり、
しっかり子育てできている、という実感があるのです(^_^)
前は旦那に任せきり、子供の寝顔を帰宅後にみて後悔、なんてことがたくさんありましたから。

時短勤務でほんとによかった。
目にうつる給料明細の差額は決して少額ではないけれど
やっぱり目の前にある子どもたちの価値はそれ以上であると、感じるのでした(^_^)